Mokozu

猛虎図

Details

Mokozu

猛虎図

絵画

土方稲嶺筆

江戸時代 享和3年(1803)

絹本着色

縦181.0 横98.3

1幅

鳥取藩の絵師として活躍し、虎を得意とした土方稲嶺(1741-1807)の最晩年の作品。前を見つめて歩み寄る虎と、空を飛び、松樹にとまる鵲(かささぎ)を描く。鵲は吉報を伝える瑞鳥とされ、本図には吉祥のテーマが込められている。その表現の最大の特徴は虎の毛描きで、部分によって毛足の長短が丁寧に描き分けられている。虎を得意とした稲嶺の作風をよく伝える大作である。

Search by Mokozu

Search by 土方稲嶺筆

Search by 九州国立博物館

Keywords

Edo / Paintings / /

Related Works

Search items related to work chosen