紫陽花と猫図 あじさいとねこず

日本画 / 江戸 

片山楊谷筆 (1760-1801)
かたやまようこく
江戸時代/18世紀後期~19世紀初期
絹本著色
60.5×34.7 cm
1幅
落款:「嵜陽楊谷写」

印章:「温之印」(白文方印)「玉如」(朱文方印)「源流得眞」(遊印、白文楕円印)

来歴:2004神戸市立博物館

参考文献:
・鳥取県立博物館『因幡画壇の奇才 楊谷と元旦』図録 2010

洞楊谷(片山楊谷、1760-1801)は、長崎の医者の家に生まれました。文献によっては中国人を父とする説もあるが、確証はありません。20代より絵を得意とし、特に鳥取地方を中心に名の知れた画家に成長していきます。寛政5年(1793)に鳥取の片山家に養子入りします。当時の南蘋風絵画の絵師としては突出した一人で、特にそのエクセントリックな動物表現で知られています。

【長崎ゆかりの近世絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

紫陽花と猫図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄初平図
黄初平図

島田元旦筆

菊に猫図
菊に猫図

真村蘆江筆

牡丹に蝶図
牡丹に蝶図

岸駒筆

夏富士図
夏富士図

宋紫石筆

南蛮芋に蕃椒図
ページトップへ