Budozu

葡萄図

Details

Budozu

葡萄図

日本画 / 江戸

宋紫石筆 (1715-1786)

そうしせき

江戸時代/18世紀後期

絹本著色

98.8×36.3

1幅

落款:「宋紫石写」

印章:「紫石」(白文方印)「君赫」(朱文方印)「石鄰華伴」(遊印、白文長方印)

来歴:1960神戸市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・千葉市美術館・静岡県立美術館『伊藤若冲 アナザーワールド』図録 2010

背景に部分的に藍墨を刷いたなかで、折枝画風に葡萄が描かれています。背景の明暗、墨のにじみで濃淡をつけた葉、色の濃淡とハイライトの胡粉を付けた実と、月光の下でたわわと実る葡萄を巧みに表現しています。とりわけ、葡萄の実の質感と量感は瞠目すべきものです。ゆるやかに画面を交錯する枝振りは、下方へと伸びる蔦で構図を引き締めています。宋紫石ならではの端正さ、瀟洒さをそなえた優品です。

【長崎ゆかりの近世絵画】

Search by Budozu

Search by 宋紫石筆

Search by 神戸市立博物館

Keywords

/ 白文 / /

Related Works

Search items related to work chosen