翠柳芙蓉白鷺小禽図 すいりゅうふようはくろしょうきんず

日本画 / 江戸 

諸葛監筆 (1717-1790)
しょかつかん
江戸時代、明和2年/1765年
絹本著色
133.4×52.7
1幅
落款:「乙酉孟冬湖南諸葛監写」

印章:「諸葛監印」(白文方印)「思文氏」(朱文方印)「画禅」(遊印、白文長方印)

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・國立故宮博物院特別展『交融之美 神戸市立博物館精品展』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・千葉市美術館『江戸の異国趣味―南蘋風大流行』展図録 2001
・神戸市立博物館特別展『花と鳥たちのパラダイス』図録 1993

諸葛監(1717-90)は、江戸の人。長崎へ行くことなく、独学で南蘋風を学んだ絵師です。裕福な家に生まれたが、家産を破るほど古画を集め制作に熱中したと伝えられています。中国画に忠実なあまり、独自性が見られないなどと酷評されるほど、その実際の作品は日本人離れした神経質と粘着質に満ちています。それでも本図は、全体の色彩構成や構図に抑制が効いていて、その執拗な描写が良い意味で際立っています。宋紫石(1715-86)に先立つ、江戸南蘋風花鳥画の優品として貴重です。

【長崎ゆかりの近世絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

翠柳芙蓉白鷺小禽図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牡丹綬帯鳥図
牡丹綬帯鳥図

鶴亭筆

柳蔭野馬図
柳蔭野馬図

黒川亀玉筆

聯珠争光図
聯珠争光図

宋紫石筆

寒梅綬帯鳥図
寒梅綬帯鳥図

宋紫石筆

風牡丹図
風牡丹図

鄭培

ページトップへ