枇杷金鳩図 びわきんばとず

日本画 / 江戸 

董九如筆 (1745-1802)
とうきゅうじょ
江戸時代、天明4年/1784年
絹本著色
127.2×56.3cm
1幅
落款:「天明甲辰冬臘写為/清泉澤氏雅鍳/董九如」

印章:「董九如印」(白文方印)「石耕」(白文長方印)「廣川居士」(遊印、白文方印)

来歴:2000神戸市立博物館

参考文献:
・仙台市博物館『樹木礼賛 日本絵画に描かれた木と花の美』図録 2014
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・千葉市美術館『江戸の異国趣味―南蘋風大流行』展図録 2001
・神戸市立博物館特別展『花と鳥たちのパラダイス』図録 1993

董九如(1745-1802)は宋紫石に学んだ絵師で、実は井戸弘梁という旗本。家禄は500石で西之丸御小姓組を勤めました。住居を黄蘆園と称したり、書画古器を多く収集するなど、かなり風流な生活をおくっていたようです。本図では、でっぷりとしたつがいのキンバトなど、宋紫石譲りのモチーフも見られますが、師の軽快且つ瀟洒な作風とは対照的に、細部描写の執拗さ、濃厚な色彩感覚、重々しい構図の安定感など、中国絵画に先祖帰りしたかのような雰囲気も併せ持ちます。江戸シノワズリーのひとつの極致ともいえる作品です。

【長崎ゆかりの近世絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

枇杷金鳩図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

翠柳芙蓉白鷺小禽図
聯珠争光図
聯珠争光図

宋紫石筆

寒梅綬帯鳥図
寒梅綬帯鳥図

宋紫石筆

柳蔭野馬図
柳蔭野馬図

黒川亀玉筆

芥子に洋犬図
芥子に洋犬図

董九如筆

ページトップへ