文化遺産オンライン

梅に鵲図

うめにかささぎず

作品概要

梅に鵲図

うめにかささぎず

絵画 / 江戸

岡本秋暉筆

江戸時代・文久2年(1862)

紙本墨画

本紙 縦129.8 横55.8

1幅

銘文:「壬戌新春十有八日写干/磐渓先生鴻漸斎中/喜占春魁」(墨書)

大きく身をしならせ枝先に小さな花をつける梅と、天を仰ぎ尾羽をピンと伸ばしてとまる鵲を速い筆致で描く。落款より文久2年(1862)正月18日、当時江戸に滞在していた漢学者の大槻磐渓の前で描いた席画と考えられる。両者の交流を窺わせる貴重な作例である。

梅に鵲図をもっと見る

岡本秋暉筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Okamoto / 岡本

関連作品

チェックした関連作品の検索