文化遺産オンライン

孔雀図

くじゃくず

作品概要

孔雀図

くじゃくず

絵画 / 江戸

岡本秋暉筆

江戸時代・19世紀

絹本着色

本紙 縦120.5 横50.4

1幅

銘文:「秋暉□画」(墨書)、「秋暉老人」(朱文方印)

寄り添うつがいの孔雀の背後には牡丹、足元にはタンポポが描かれています。秋暉は孔雀図を得意とした画家として知られていますが、中でも本図は、金泥を用いた華やかさや緻密な筆致がみられることから、秋暉における孔雀図の代表作の一つといえるでしょう。

孔雀図をもっと見る

岡本秋暉筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 岡本 / Okamoto

関連作品

チェックした関連作品の検索