文化遺産オンライン

雉図

きじず

作品概要

雉図

きじず

絵画 / 江戸

岡本秋暉筆

江戸時代・天保13年(1842)

紙本着色

本紙 縦143.2 横88.6cm

1幅

銘文:「天保壬寅夏/秋暉」(墨書)、「隆仙字柏樹」(朱文方印)

枯薄や萩など秋草の生い茂る水辺に佇むつがいの雉と、飛来する小禽を描く。秋草の葉や茎には没骨技法を用い、飛来する小禽をはじめとする鳥類の表現には速い筆運びを示している。落款より天保13年36歳の作とわかり、秋暉の初期の基準作として貴重である。

雉図をもっと見る

岡本秋暉筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Okamoto / 岡本

関連作品

チェックした関連作品の検索