東渓花鳥図「梅喜鵲」 とうけいかちょうずうめきじゃくず

絵画 / 江戸 / 香川県 

亀井東溪
かめいとうけい
香川県高松市
江戸時代(文化5年)/1808
掛幅装
120.5×49.6
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

喜鵲は鵲の別名。亀井東溪(1747~1816)は高松の人で、長町竹石と共に京都、長崎で学んだ。 18世紀に来日した中国人画家沈南蘋の画風を慕い、著色の花鳥画を得意とした。8代藩主松平頼儀に作画を命じられ、士分に列せられた。喜鵲は鵲の別名。

作品所在地の地図

関連リンク

東渓花鳥図「梅喜鵲」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

霊鵲報喜図軸
霊鵲報喜図軸

李玥筆

孔雀図
孔雀図

増山雪斎

石清尾八幡宮祭禮図巻
石清尾八幡宮祭禮図巻
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
ページトップへ