後水尾天皇宸翰 古歌御色紙 ごみずのおてんのうしんかん こかおんしきし

文書・書籍 / 江戸 / 香川県 

後水尾天皇 (1596~1680)
ごみずのおてんのう
香川県高松市
江戸時代
紙本墨書 掛幅装
14.3×17.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

後水尾天皇(1596~1680)は、江戸時代の宮廷文化の礎を築いた天皇である。和歌や有職故実など学問に優れ、朝儀復興への指針を後代に示した。 「建暦二年松尾社の歌合せに初秋風」の詞書とともに『続後撰和歌集』に収められている藤原定家の和歌を書いた色紙である。

作品所在地の地図

関連リンク

後水尾天皇宸翰 古歌御色紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

霊元天皇宸翰 古歌御懐紙
後水尾天皇宸翰 女房奉書
後水尾天皇宸翰 御加筆
後水尾天皇宸翰和歌色紙
後西天皇宸翰御懐紙(詠春動物和歌)
ページトップへ