後水尾天皇宸翰 御加筆 ごみずのおてんのうしんかん おんかひつ

文書・書籍 / 江戸 / 香川県 

後水尾天皇 (1596~1680)
ごみずのおてんのう
香川県高松市
江戸時代/17世紀
紙本墨書 掛幅装
31.5×46.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

隠居して龍雲軒源英と号した松平家初代頼重が、その感慨を漢詩に詠んで後水尾天皇に書き送ったところ、年長の後水尾天皇が自身の心境を詠んだ和歌を行間に書いて答えたものである。頼重54歳、後水尾天皇80歳というそれぞれの境地を伝える詩歌である。

作品所在地の地図

関連リンク

後水尾天皇宸翰 御加筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後水尾天皇宸翰 女房奉書
後水尾天皇宸翰 古歌御色紙
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
霊元天皇宸翰 古歌御懐紙
紙本墨書 花園天皇宸翰御消息
ページトップへ