明珍宗春作 軍麾 みょうちんそうしゅんさくぐんき

金工 / 江戸 / 香川県 

明珍宗春
みょうちんそうしゅん
香川県高松市
江戸時代
縦149.0 幅17.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

軍麾とは、兵を指揮するための指揮棒の意味である。高松藩の甲冑師明珍宗春が70歳の時に作成した作品である。高松松平家初代当主頼重をまつる玉藻廟に奉納するために、大正時代(大正2年、1913) 12代当主頼壽の命により作成された。総鉄製でかなり重く、鉄の加工を得意とした明珍家らしい作品。

作品所在地の地図

関連リンク

明珍宗春作 軍麾チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺裾濃胴丸具足一式
甲冑(白糸威鎧)
刀 無銘 吉岡一文字
太刀 銘元重
太刀〈銘元重/〉
ページトップへ