甲冑(白糸威鎧) かっちゅうしろいとおどしよろい

文書・書籍 / 江戸 / 香川県 

香川県高松市
江戸時代
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

高松松平家に伝来した甲冑のひとつであるが、所用者などは不明。大鎧は、平安時代後半に成立した騎乗戦のための甲冑で、武家の正式な甲冑として認識されていた。時代が下るにつれて他の形式に代わっていったが、合戦の行われなくなった江戸時代になって、飾り用、奉納用として、再びさかんに作成されるようになった。本甲冑の特徴は、佩楯と呼ばれる足の部分を保護する部品とスネを守る臑当が古い形式をとっている点にあるが、実用性には乏しいと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

甲冑(白糸威鎧)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺裾濃胴丸具足一式
明珍宗春作 軍麾
海有之鞍
海有之鞍

伝大坪道禅

白萌黄紺段絲威大鎧
白萌黄紺段絲威大鎧

島津斉彬 所用

太刀 銘(延寿)国信 太刀
ページトップへ