文化遺産オンライン

模造 赤糸威鎧

もぞう あかいとおどしのよろい

作品概要

模造 赤糸威鎧

もぞう あかいとおどしのよろい

その他 / 昭和以降

小野田光彦

昭和12年(1937)、原品:平安時代・12世紀

1領

東京青梅(おうめ)の武蔵御嶽(むさしみたけ)神社の赤糸威鎧(国宝)の模造で、昭和12年、小野田光彦らによって完成しました。原品は畠山重忠が奉納したと伝えられ、平安時代後期の兜(かぶと)と袖(そで)を完備した鎧(よろい)の形式を伝えています。札(さね)の黒漆(くろうるし)、威(おどし)の赤糸、金物(かなもの)の鍍金(ときん)など、当初の美しい姿が復元的に理解できます。

模造 赤糸威鎧をもっと見る

小野田光彦をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / おどし

関連作品

チェックした関連作品の検索