紺糸威肩白赤胴丸〈兜・大袖付/〉 こんいとおどしかたしろあかどうまる

工芸 / 室町 / 九州 

長崎県
室町
1領
財団法人松浦史料博物館 長崎県平戸市鏡川町12
重文指定年月日:19880606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

 胴丸は、本来大鎧と異なって兜・大袖を伴わない軽装の甲冑として用いられていたが、室町時代になると次第に兜・大袖を具備して武将の間でも多く使用されるようになった。
 その遺例には室町時代のものが多いが、完存のものは数少ない。本件は兜・大袖が完備するとともに、製作優れ、全体に整った作である。
 松浦家世伝によれば、大友宗麟が松浦鎮信【しげのぶ】(一五四九~一六一四)に贈ったものという。

作品所在地の地図

関連リンク

紺糸威肩白赤胴丸〈兜・大袖付/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋威胴丸 兜、大袖付
縹糸威胴丸〈兜・大袖付/〉
肩褄取威胴丸〈兜、大袖付/〉
紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
色々威胴丸兜頬当大袖籠手付
ページトップへ