文化遺産オンライン

模造 樫鳥糸威鎧

かしどりいとおどしのよろい

作品概要

模造 樫鳥糸威鎧

かしどりいとおどしのよろい

その他 / 昭和以降

昭和12年(1937)、原品:平安時代・12世紀

1領

昭和12年、小野田光彦によって製作された愛知県猿投神社の樫鳥【かしどり】糸威鎧の忠実な復元模造。樫鳥糸威の胴に、黒韋威(くろかわおどし)の脇盾(わいだて)、二種の小桜韋威(こざくらかわおどし)の袖【そで】を配するのは原品の現状に基づくものである。平安時代の華やかな配色の鎧の姿が復元的に理解できる。(2007/06/19_h05)(120724/h056)

模造 樫鳥糸威鎧をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / おどし

関連作品

チェックした関連作品の検索