霊元天皇宸翰 古歌御懐紙 れいげんてんのうしんかんこかおんかいし

文書・書籍 / 江戸 / 香川県 

霊元天皇 (1654~1732)
れいげんてんのう
香川県高松市
江戸時代
紙本墨書 掛幅装
32.8×48.5
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

『新古今和歌集』に収められている慈円僧正の和歌をしたためた宸翰。優れた歌人として知られる霊元天皇(1654~1732)は、急逝した後光明天皇の嗣子として育ち、父である後水尾上皇の指導のもと、和歌や有職故実に強い関心を抱き、朝儀復興に尽力した。

作品所在地の地図

関連リンク

霊元天皇宸翰 古歌御懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後西天皇宸翰御懐紙(詠春動物和歌)
後水尾天皇宸翰 古歌御色紙
後西天皇宸翰 御懐紙
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
東山天皇宸翰 御懐紙
ページトップへ