東山天皇宸翰 御懐紙 ひがしやまてんのうしんかんおんかいし

文書・書籍 / 江戸 / 香川県 

東山天皇 (1675~1710)
ひがしやまてんのう
香川県高松市
江戸時代
紙本墨書 掛幅装
44.7×64.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

宝永6年(1709)3月7日御会始の際の御製である。東山天皇(1675~1709)は、天和3年に皇太子となり、貞享4年(1687)に即位し、230年ぶりの大嘗会を挙行した。東山天皇の代は、朝幕間が融和し、また後水尾上皇以来の朝儀復興への努力が開花した時代であった。

作品所在地の地図

関連リンク

東山天皇宸翰 御懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後西天皇宸翰御懐紙(詠春動物和歌)
後西天皇宸翰 御懐紙
霊元天皇宸翰 古歌御懐紙
後水尾天皇宸翰 古歌御色紙
光厳天皇宸翰御奉納心経
ページトップへ