文化遺産オンライン

善行寺本堂

ぜんぎょうじほんどう

概要

善行寺本堂

ぜんぎょうじほんどう

宗教建築 / 江戸 / 中部 / 愛知県

愛知県

江戸/1706

木造平屋建、瓦葺、建築面積277㎡

1棟

愛知県名古屋市中川区愛知町4132

登録年月日:20180510

宗教法人善行寺

登録有形文化財(建造物)

桁行五間梁間五間、入母屋造本瓦葺、向拝一間付の真宗本堂で南面して建つ。内部は外陣の柱を省略し、矢来内にかけて一面に小組格天井を張る。背面の御成りの間は近代の増築。尾張藩の御大工・伊藤平左衛門の手により、虹梁や組物など細部の造作が充実している。

善行寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / 愛知 / 矢来 / 真宗

関連作品

チェックした関連作品の検索