文化遺産オンライン

変形方格規矩獣文鏡

へんけいほうかくきくじゅうもんきょう

作品概要

変形方格規矩獣文鏡

へんけいほうかくきくじゅうもんきょう

考古資料 / 古墳 / 奈良県

出土地:奈良県河合町 佐味田宝塚古墳出土

古墳時代・4~5世紀

青銅製

直径23.9

1面

重要文化財

中国・後漢代の代表的な漢式鏡をモデルに作られた国産鏡です。外区は平(へい)縁(えん)で、内(ない)区(く)に方(ほう)格(かく)とT・V・L字形のものさしを表した規(き)矩(く)文(もん)を配し、区画された部分には獣形文様などが描かれます。本来の四神像と方格の銘文は共に崩れ、いずれも渦(うず)文(もん)化(か)していることが特徴です。

変形方格規矩獣文鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 古墳 /

関連作品

チェックした関連作品の検索