変形方格規矩鏡・変形獣文鏡(京都府向日市物集女恵美須古墳出土) ヘンケイホウカクキクキョウ・ヘンケイジュウモンキョウ(キョウトフムコウシモヅメエビスコフンシュツド)

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 

1面
重要文化財

向日丘陵上にあった古墳から大正時代に発見された銅鏡。現在古墳は消滅している。四世紀の日本列島内で製作された倭鏡で、もとは中国漢代の方格規矩四神鏡であったが、日本化している。鏡背面にあるべき菱形文帯を鏡面側に回り込ませていることが最大の特徴。東アジアの古代銅鏡でもごく稀な例。鏡面に付属した小鏡は古墳の中で錆付いたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

変形方格規矩鏡・変形獣文鏡(京都府向日市物集女恵美須古墳出土)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

変形方格規矩獣文鏡
方格規矩変形獣帯鏡
奈良県天神山古墳出土品
方格規矩四神鏡/京都府大田南5号墳出土
画文帯四仏四獣鏡
ページトップへ