型吹き淡青色六角蓋付ガラス四段重 かたぶきたんせいしょくろっかくふたつきがらすよんだんじゅう

ガラス / 江戸 

製作者不詳/日本・長崎製ヵ
江戸時代、正徳4年/1714年
鉛ガラス
総高25.5 最大径12.7
平均比重(身)3.57
1
びいどろ史料庫コレクション

来歴:1970びいどろ史料庫→2011神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『びいどろ・ぎやまん展―清涼な異国趣味―』(神戸市健康教育公社、1983)
・土屋良雄『日本のガラス』(紫紅社、1987)
・神戸市立博物館『Theびいどろ展―江戸時代のガラス・粋と美』(神戸市スポーツ教育公社、1990)
・神戸市立博物館『びいどろ・ぎやまん・ガラス 江戸時代~明治、大正へ』(2000)
・神戸市立博物館『開館30年プレ企画 受贈記念速報展 和ガラスの神髄―びいどろ史料庫名品選図録』(2011)
・神戸市立博物館『ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本』(神戸新聞社、2014)
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019

透き通るような淡青色の鮮やかさが目を惹く四段重。熔(と)けた状態のガラスを吹き竿にとり、土や金属製の型に吹き込む「型吹き」とよばれる成形技法が用いられています。各段重の側面には、風にたゆたう草花文がかたどられています。蓋も同様に草花文がみえ、摘みには菊花をかたどった銀製金具が施されています。

収納箱には正徳4年(1714)の年記とともに、霊元天皇からの下賜品である旨の書付、及び白文方印「本願寺」とある紙片が残っています。

【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

作品所在地の地図

関連リンク

型吹き淡青色六角蓋付ガラス四段重チェックした作品をもとに関連する作品を探す

型吹き葵貝形吊りガラス花生
型吹き葵貝形吊りガラス花生

製作者不詳/日本製

ぎやまん彫り鴛鴦草花文台付ガラス杯
ダイヤモンド線刻獅子文ガラスビーカー
ダイヤモンド線刻獅子文ガラスビーカー

製作者不詳/ネーデルラント製

手彫り薩摩切子銅赤色被せ切子菊/格子に菊文ガラス段重
手彫り切子藍色被せ輪結び霰文ガラス蓋物
手彫り切子藍色被せ輪結び霰文ガラス蓋物

製作者不詳/日本・薩摩製ヵ

ページトップへ