永原御殿跡及び伊庭御殿跡 ながはらごてんあとおよびいばごてんあと

その他 / 近畿 

滋賀県
江戸時代
滋賀県野洲市,東近江市
指定年月日:20200310
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

徳川家康,秀忠,家光が上洛(じょうらく)の際に利用した宿泊所や休憩所跡。両御殿とも中山道(なかせんどう)の脇街道(わきかいどう)である朝鮮人街道(ちょうせんじんかいどう)付近にある。永原御殿跡は本丸,二の丸などからなり本丸には堀と土塁(どるい)が残る。伊庭御殿跡は単郭(たんかく)で石垣が残る。江戸初期の政治状況を知る上で重要。

作品所在地の地図

関連リンク

永原御殿跡及び伊庭御殿跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦浦観音寺跡
比企城館跡群<BR/> 菅谷館跡<BR/> 松山城跡<BR/> 杉山城跡<BR/> 小倉城跡
小島陣屋跡
豊前街道<BR/> 南関御茶屋跡<BR/> 腹切坂
小国城跡
ページトップへ