文化遺産オンライン

娘日時計・午ノ刻

むすめひどけい うまのこく

作品概要

娘日時計・午ノ刻

むすめひどけい うまのこく

絵画 / 江戸

喜多川歌麿筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

1枚

重要文化財

『娘日時計』は、町娘の時間に応じた生活をスナップ風の5図に描いたシリーズ。本図は正午頃。手拭いを手にし、糠袋をくわえた湯上り姿の二人の娘を描いている。顔に輪郭線を用いておらず、写実的表現に対する歌麿の試みがうかがえる。

娘日時計・午ノ刻をもっと見る

喜多川歌麿筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

歌麿 / / 喜多川 / Utamaro

関連作品

チェックした関連作品の検索