文化遺産オンライン

娘日時計・巳ノ刻

むすめひどけい・みのこく

作品概要

娘日時計・巳ノ刻

むすめひどけい・みのこく

絵画 / 江戸

喜多川歌麿筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

1枚

重要文化財

「巳ノ刻」は午前10時頃。町家の娘と年増の髪結い女を描く。娘は髪結いの話を聞きながら、鏡に髪を映して手をあて満足そうだ。こうした光景は現代でも見ることができるが、本図は、歌麿の女性の心理描写の巧みさを十分に示している。

娘日時計・巳ノ刻をもっと見る

喜多川歌麿筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

歌麿 / 喜多川 / Utamaro / Kitagawa

関連作品

チェックした関連作品の検索