『菫塚』序文の草稿「丸くとも一角あれや・・・」 『すみれづか』じょぶんのそうこう「まるくともひとかどあれや・・・」

小林一茶
こばやしいっさ
文政3年
<形態>軸装
本紙(縦200×横230)
<図録>22
<真贋>真蹟
<レプリカ有無>○
<寄贈>久保田ひろ志

作品所在地の地図

関連リンク

『菫塚』序文の草稿「丸くとも一角あれや・・・」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「出る月よことに男松のいさミ声」
「うかうかと人に生まれて秋の暮」 「半分は人の油か稲の露」
「春耕宛書簡(・・されば私は丸やけにて・・) 
「春耕宛書簡(廿二日御書拝見・・・) 
句稿「露の玉十と揃ひはせざりけり」他7句
ページトップへ