多田神社宝物殿 ただじんじゃほうもつでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 近畿 

兵庫県
昭和前/1929
鉄筋コンクリート造一部木造平屋建、銅板葺、建築面積138㎡
1棟
兵庫県川西市多田院多田所町1
登録年月日:
宗教法人多田神社
登録有形文化財(建造物)

猪名川中流の北岸にある境内前方の参道東脇に建つ。切妻造銅板葺の平屋建で、主体部は鉄筋コンクリート造、屋根と切妻造妻入の向拝は木造とする。内部は一室で内装を木造とし、格天井を張る。大正以降戦前に建築された不燃構造・和風意匠の神社宝物殿の好例。

作品所在地の地図

関連リンク

多田神社宝物殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太郎坊宮阿賀神社長楽殿
青葉神社旧愛姫社鞘堂
邑久光明園奉安殿
静思館(旧冨田家住宅)主屋
上杉神社稽照殿
ページトップへ