和歌山県阿須賀神社境内(蓬莱山)出土品 わかやまけんあすかじんじゃけいだい(ほうらいさん)しゅつどひん

その他 / 平安  鎌倉  南北朝  室町 / 近畿 

和歌山県
11~15世紀
一括
和歌山県新宮市阿須賀1-2-28
重文指定年月日:20190723
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人阿須賀神社
国宝・重要文化財(美術品)

阿須賀神社の背後に位置する聖地・蓬莱山の麓から出土した御正体等の資料。平安時代~室町時代の懸仏193点、銅鏡2点等からなる。その過半は、阿須賀神社の祭神の本地である大威徳明王を表わし、これに薬師如来や阿弥陀如来など熊野三神の本地仏を表わす個体が少数加わる。熊野信仰の一端を示す資料として貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌山県阿須賀神社境内(蓬莱山)出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊野阿須賀神社境内出土品
熊野十二社権現御正体
熊野那智神社の神仏習合遺産
和歌山県大日山35号墳出土品
岡山県大飛島祭祀遺跡出土品
ページトップへ