文化遺産オンライン

プタハ・ソカル・オシリス神像

プタハ・ソカル・オシリスしんぞう

作品概要

プタハ・ソカル・オシリス神像

プタハ・ソカル・オシリスしんぞう

彫刻 / アフリカ

制作地:エジプト

末期王朝時代・前664~前332年頃

木、漆喰

総高42 幅6.7 奥行き7.1

1躯

創造神であるプタハ、墓地を守護するソカル、冥界の主であるオシリスが集合した神。末期王朝時代以降に広く信仰を集め、プタハ・ソカル・オシリス像が墓に納められるようになります。誕生から死、そして再生までを見守ってくれる神として人気がありました。

プタハ・ソカル・オシリス神像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 王朝 /

関連作品

チェックした関連作品の検索