池川家住宅主屋 いけかわけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

奈良県
昭和後/1967
木造2階一部平屋建、瓦葺、建築面積161㎡
1棟
奈良県奈良市中町2198
登録年月日:20181102
登録有形文化財(建造物)

富雄川沿いの田園地帯にある専用住宅で、主屋は敷地南寄りに南面して建つ。玄関脇に応接室と座敷、中廊下を挟んで北側に居室を設ける。玄関や座敷は網代天井など数寄屋意匠を取り入れる。入母屋屋根が輻輳する変化に富む外観で、際立った存在感をみせている。

関連リンク

池川家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

早川家住宅主屋
河瀬家住宅主屋
なかがわ(旧中川家住宅)主屋
見世土井家住宅主屋
旧猪子家住宅主屋
ページトップへ