瀬戸家住宅表門及び塀 せとけじゅうたくおもてもんおよびへい

住居建築 / 大正 / 近畿 

和歌山県
大正/1919~1926
門 木造、瓦葺、間口2.0m、北方袖塀付 塀 木造、瓦葺、延長20m
1棟
和歌山県御坊市藤田町藤井2215
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

敷地東南部を区切る門と塀。表門は主屋南側に東面して開く腕木門で、軒は吹寄せ垂木で繊細につくる一方、欄間は奇木を大胆に用いて飾る。塀は表門南側に接続する。真壁造、漆喰塗の腰縦板張で、屋根は一文字瓦を葺く。旧家の風格ある表構えを構成している。

関連リンク

瀬戸家住宅表門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古澤醸造表門及び塀
旧加茂内科医院表門及び塀
古本家住宅庭門及び塀
清水家住宅表門及び塀
川原田家住宅表門及び塀
ページトップへ