萩原家住宅表門及び高塀 はぎわらけじゅうたくおもてもんおよびたかべい

住居建築 / 近畿 

大阪府
大正/1912~1918
表門 木造、瓦葺、間口1.2m 高塀 木造、瓦葺、総延長8.8m
1棟
大阪府八尾市恩智中町三丁目1
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

主屋正面南半の前庭東北二面を矩折れに区切る塀と北面塀の中央に開く門。門は両脇を正面に突出するコ字形の切妻造桟瓦葺で、門扉の正背面に庇を付す。塀は切妻造桟瓦葺で、真壁漆喰塗とし、腰縦板張とする。上質かつ独特なつくりで、表構えを格調高く整える。

作品所在地の地図

関連リンク

萩原家住宅表門及び高塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧上田家住宅中門及び塀
西山家住宅正門及び高塀
伊原家住宅門及び塀
古澤醸造表門及び塀
萩原家住宅裏門
ページトップへ