文化遺産オンライン

鷹津家住宅庭門及び塀

たかつけじゅうたくにわもんおよびへい

作品概要

鷹津家住宅庭門及び塀

たかつけじゅうたくにわもんおよびへい

住居建築 / 明治 / 近畿

兵庫県

明治/1907

庭門 木造、瓦葺、間口1.6m、塀 木造、瓦葺、総延長11m

1棟

兵庫県姫路市御国野町深志野字北宅地586

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

主屋前庭を東西に区画する南北棟の門と塀。西側は玄関側の前庭、東側は座敷庭とする。庭門は切妻造桟瓦葺の腕木門で、開き戸と横格子欄間とする。塀は桟瓦葺、真壁黒漆喰塗で腰を竪板張とし、一間毎に名栗材の格子窓を開く。旧家の庭園を格調高く整える。

関連作品

チェックした関連作品の検索