真鍋家住宅中門及び塀 まなべけじゅうたくなかもんおよびへい

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

香川県
明治/1908
門 木造、瓦葺、間口1.7m 塀 木造、銅板葺、総延長11m
1棟
香川県高松市林町字宮西58-1
登録年月日:20170502
登録有形文化財(建造物)

主屋玄関脇と長屋門の間を結び、主屋前の内庭を画する。中門は切妻造本瓦葺、間口一・五メートルの薬医門で、材はケヤキ。塀は玄関側を上部黒漆喰塗で腰は幅広の板張とし、一間毎に格子窓を配す。内庭側は腰上下とも網代壁とする。意匠を凝らした門と塀である。

作品所在地の地図

関連リンク

真鍋家住宅中門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧平田家住宅中門及び塀
瀧口家住宅中門及び袖塀
宮武家住宅(江戸そば日月庵)内門及び塀
地蔵寺寳珠院中門及び塀
土屋家住宅座敷門及び塀
ページトップへ