五絶 ごぜつ

権利者:高岡市立博物館蔵

 / 江戸 / 富山県 

閑雲(真巌国常) (1778~1859)
かんうん(しんがんこくじょう)
富山県高岡市
江戸後期
紙本・軸装・墨書
縦39.8cm×横52.8cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-02-20
高岡市蔵

能登の総持寺及び高岡瑞龍寺18世住職・閑雲(真巌国常)(1778~1859)の漢詩書。「通玄峰頂/不是人間/心外無法/満目青山」(心境一如なる故に、心外には法無く、目に見ゆる青山も我心に外ならずと、一心と外境の不二なるをいふ)とある(『景徳伝灯録』の一節)。
閑雲は晩年、専ら詩文と書道を楽しんだが、特に書が巧みで世に珍重されている。

作品所在地の地図

関連リンク

五絶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七絶
七絶

閑雲(真巌国常)

五絶
五絶

佐竹龍水

「古城公園ノ詩」(七絶)
「鳳凰鳴矣于彼高岡」
松風十二時
松風十二時

稲葉心田

ページトップへ