「鳳凰鳴矣于彼高岡」 ほうおうなけりかのこうこうに

権利者:高岡市立博物館蔵

 / 昭和以降 / 富山県 

稲葉心田 (1906~86)
いなばしんでん
富山県高岡市
昭和後期
紙本・額装・墨書
縦72.0cm×横166.8cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-02-23
高岡市蔵

現愛知県一宮市出身で、高岡市西田の国泰寺第62世管長・稲葉心田(1906~86)筆。高岡の開祖・前田利長は、「関野」を『詩経』(中国最古の詩集)の一節「鳳凰鳴矣于彼高岡」により、「高岡」と改名したといわれる。
書画に優れた心田は、各地で座禅会などを開き、国泰寺整備や社会福祉に尽くした。

作品所在地の地図

関連リンク

「鳳凰鳴矣于彼高岡」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松風十二時
松風十二時

稲葉心田

生型銅器 温度計付置時計「鳳凰」
五絶
五絶

佐竹龍水

前田利長書状
前田利長書状

前田利長

絵葉書「越中氷見郡(西田)臨済宗大本山国泰寺山門ノ景」
ページトップへ