毘盧舎那仏立像 びるしゃなぶつりゅうぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

彫刻 / 朝鮮半島 

制作地:朝鮮
統一新羅~高麗時代・9~10世紀
銅造鍍金
像高52.8
1躯

朝鮮半島で特に信仰を集めた『華厳経』に説かれる仏。大日如来と同一視されるため、胸前で両手に印を組みますが、立像形式で表わされるのは珍しい特徴です。銅を鋳造して鍍金した金銅仏としては比較的大型の遺品で、中国・唐時代風の量感豊かな体躯が見どころ。

作品所在地の地図

関連リンク

毘盧舎那仏立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

誕生釈迦仏立像
如来立像
銅造如来立像
誕生釈迦仏立像
神将立像
ページトップへ