文化遺産オンライン

誕生釈迦仏立像

たんじょうしゃかぶつりゅうぞう

作品概要

誕生釈迦仏立像

たんじょうしゃかぶつりゅうぞう

彫刻 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

三国時代・7世紀

銅造

像高12.5

1躯

毘盧舎那仏は、『華厳経』に説かれる仏で、一切の世界をその身に包含するといわれています。銅を鋳造して鍍金をのせて仕上げた比較的大型の作例で、毘盧舎那仏としては珍しく立像の形式をとっています。9~10世紀にさかのぼる制作と考えられる稀少な作例です。(20130102_t105)

誕生釈迦仏立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 立像 / 朝鮮 /

関連作品

チェックした関連作品の検索