印籠意匠色紙箱 いんろういしょうしきしばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

笠翁細工
江戸時代・18世紀
1合
銘文:銘 「笠翁」「觀」

小川破笠【おがわはりつ】(1663~1747)は、堆朱【ついしゅ】・陶片・ガラス・染角【そめづの】などそれまでにない様々な素材を用いて、写実的な質感表現を追求しました。その作風は江戸後期の爛熟の世相に受け入れられ、亜流も含めて多くの追従者が続き、一派をなしています。今日ではそれらの作品をも含め、「笠翁細工【りつおうざいく】」とよんでいます。

作品所在地の地図

関連リンク

印籠意匠色紙箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鸚鵡蒔絵硯箱
鸚鵡蒔絵硯箱

伝小川破笠作

古墨意匠硯箱
古墨意匠硯箱

伝小川破笠作

小道具蒔絵茶箱
小道具蒔絵茶箱

小川破笠(1663~1747)作

蘆鷺意匠印籠
蘆鷺意匠印籠

底裏陶片嵌装銘「観」

関羽図
関羽図

小川破笠

ページトップへ