文化遺産オンライン

くだんうしがふち

作品概要

くだんうしがふち

絵画 / 江戸

葛飾北斎筆

江戸時代・19世紀

横中判 錦絵

縦17.2 横23.4

1枚

重要美術品

 九段坂の田安門(たやすもん)から清水門(しみずもん)を廻る堀を「牛ヶ淵」と呼んだのは、かつて牛車(ぎっしゃ)が堀に落ちたことに因むという。画題と款記が横倒しの平仮名で記され、筆記体の英文に似せてある。土坡(どは)を画面右に大胆に配し、陰影やぼかしを用いて洋風版画風に仕上げられている。

くだんうしがふちをもっと見る

葛飾北斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

東京 / 台東 / / 錦絵

関連作品

チェックした関連作品の検索