文化遺産オンライン

岩瀬家住宅新座敷

いわせけじゅうたくしんざしき

作品概要

岩瀬家住宅新座敷

いわせけじゅうたくしんざしき

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国

香川県

明治/1898~1912

木造2階建、瓦葺、建築面積74㎡

1棟

香川県坂出市新浜町3328

登録年月日:20190329

登録有形文化財(建造物)

主屋背面の北端に接続して建つ。東西棟の寄棟造桟瓦葺の二階建で、一階に続き間の座敷、二階西端に座敷を設ける。座敷飾は磨き丸太の床柱や黒檀の床框、付書院の遠見霞欄間など上下階を同じ近代的意匠でまとめる。主屋とともに屋敷構えの中核を形成している。

岩瀬家住宅新座敷をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 座敷 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索