文化遺産オンライン

寒江独釣図(模写)

かんこうどくちょうず

作品概要

寒江独釣図(模写)

かんこうどくちょうず

絵画

狩野晴川院<養信>模、原本:伝馬遠筆

江戸時代・19世紀、原本:南宋時代・13世紀

絹本墨画淡彩

1面

木挽町狩野家9代の狩野養信(おさのぶ)(晴川院(せいせんいん)、1796~1846)による模写。ここでは表具全体を模写しており、表具もふくめて本図の価値があったことが分かる。「藝州侯蔵(げいしゅうこうぞう) 文化十四年(1817)丁丑正月晦日」との金泥銘があり、当時広島の大名・浅野家に所蔵されていたことがわかる。
(130514_h21・22特集陳列)

寒江独釣図(模写)をもっと見る

狩野晴川院<養信>模、原本:伝馬遠筆 をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

原本 / 狩野 / 模写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索