釈教三十六歌仙絵(模本) しゃっきょうさんじゅうろっかせんえ もほん

その他の画像全24枚中16枚表示

絵画 / 江戸 

狩野晴川院〈養信〉模
江戸時代・天保2年(1831)
紙本着色
1巻

白描淡彩で描かれた原本とは系統を異にする、歌人とともに歌意を表わした背景を伴う彩色本の写し。蝉丸(せみまる)以下の像が残されている。奥書に拠れば住吉広澄(具慶)模写本を狩野晴川院が再模したもので、もとは後水尾院ゆかりの品だったことが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

釈教三十六歌仙絵(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

為家本三十六歌仙絵 小大君(模本)
業兼本三十六歌仙絵(模本)
業兼本三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉模

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真(模本)
後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)
後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉、狩野勝川院〈雅信〉、小林養建模

平治物語絵巻 信西巻(模本)
平治物語絵巻 信西巻(模本)

詞:住吉広定模 絵:狩野晴川院養信ほか模

ページトップへ