文化遺産オンライン

業兼本三十六歌仙絵(模本)

なりかねほんさんじゅうろっかせんえ もほん

作品概要

業兼本三十六歌仙絵(模本)

なりかねほんさんじゅうろっかせんえ もほん

絵画 / 江戸

狩野晴川院〈養信〉模

江戸時代・天保8年(1837)

紙本着色

1巻

現在は各歌仙ごとに掛幅となり15点ほどが確認されている、業兼本が巻子装だった頃に全巻を写した模本。住吉具慶模写本を、天保8年(1837)に狩野晴川院が写した。約三分の一の歌仙の図様が時代不同歌合と共通し、その影響下に成立したと考えられる。

業兼本三十六歌仙絵(模本)をもっと見る

狩野晴川院〈養信〉模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模本 / 狩野 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索