後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本) ごとばいんぼん からすまみつひろ おくがきぼん さんじゅうろっかせんえまき(もほん)

その他の画像全11枚中11枚表示

絵画 / 江戸 

狩野晴川院〈養信〉、狩野勝川院〈雅信〉、小林養建模
江戸時代・天保11年(1840)
紙本着色
本紙縦25.2、本紙横671.7、見返24.7、奥付12.2(cm)
1巻

巻末に「寛永の三筆」の一人烏丸光広(1579~1638)の奥書があることから「烏丸光広奥書本」の別称がある。後鳥羽院とおおむね図様を共有しながら、数人の歌仙に異なる姿態が確認され、別本とみられている。原本は「細川能登守」の蔵品であったらしい。 

作品所在地の地図

関連リンク

後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

業兼本三十六歌仙絵(模本)
業兼本三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉模

釈教三十六歌仙絵(模本)
釈教三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉模

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真(模本)
為家本三十六歌仙絵 小大君(模本)
後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真
ページトップへ