後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真 ごとばいんぼんさんじゅうろっかせんえ ふじわらのもとざね

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
紙本着色
14.5x13.9
1幅

書画ともに後鳥羽院筆と伝えられる三十六歌仙絵のうちの藤原元真像。小さな画面に均質な墨線、簡略な筆致で描かれているのが特徴的。狩衣(かりぎぬ)に烏帽子をかぶるその姿は、容貌を除けば同じく後鳥羽院本中の他の歌仙とほぼ一致し、図様の転用が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真チェックした作品をもとに関連する作品を探す

光長本三十六歌仙絵 藤原元真
後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真(模本)
業兼本三十六歌仙絵 源順
為氏本三十六歌仙絵 柿本人麻呂
宣房本三十六歌仙絵 清原元輔
ページトップへ