後小松院本歌仙絵 西行法師 ごこまついんぼんかせんえ さいぎょうほうし

絵画 / 室町 

室町時代・16世紀
紙本着色
17.1x14.1
1幅

書を後小松院(1377~1433)筆と伝える、平安時代末期の歌僧西行(1118~1190)の像。西行は後鳥羽院(ごとばいん)の時代不同歌合、藤原定家(ふじわらのていか)の百人一首の歌人だが、この歌はいずれにも採録されていない。小品ながら大変華麗な画面で、熟達したやまと絵師の制作と推察される。

作品所在地の地図

関連リンク

後小松院本歌仙絵 西行法師チェックした作品をもとに関連する作品を探す

俊成本歌仙絵 素性法師
後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真
小倉色紙
小倉色紙

藤原定家筆

藤原兼輔像(時代不同歌合絵断簡)
為家本時代不同歌合絵
ページトップへ