文化遺産オンライン

御文庫切

ごぶんこぎれ

作品概要

御文庫切

ごぶんこぎれ

/ 鎌倉

藤原家良筆

鎌倉時代・13世紀

紙本墨書

1幅

 後鳥羽院と藤原定家、藤原知家の三人が藤原家良の和歌から撰出した『後鳥羽院定家知家入道撰歌』を書写した断簡です。「近衞家凞臨書手鑑」(京都・陽明文庫蔵)の模写の中に、家良の奥書の模写があることなどから、家良自筆と推定されます。ルビ:ごとば、ふじわらのていか、ふじわらのともいえ、このえいえひろりんしょてかがみ、

御文庫切をもっと見る

藤原家良筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

定家 / 藤原 / 書写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索