紙本白描時代不同歌合絵 しほんはくびょうじだいふどううたあわせえ

日本画 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
1帖
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:20090710
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

時代不同歌合は後鳥羽院(1180~1239)が配流先の隠岐で撰した歌合で、万葉集・古今集・拾遺集などの古典的歌人を左方に、後拾遺集から新古今集までの比較的新しい歌人を右方として都合百人の歌人を選び、各3首ずつで150番歌合としたもの。後鳥羽院による時代不同歌合は歌人の姿を伴う絵巻であったと想像され、のちに数多くの転写本が描かれた。東博本はそれらの一本であるが、鎌倉時代にさかのぼる白描による作品で、前半の50人を含む。同種の他の作例が全て残欠本である中で、本作品は当初の前半部分が完存する唯一の遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本白描時代不同歌合絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原兼輔像(時代不同歌合絵断簡)
時代不同歌合絵巻断簡
時代不同歌合絵断簡(中務卿具平親王・愚詠)
元久元年北野宮歌合
寛平御時后宮歌合〈藤原定家、同為家筆/〉
ページトップへ