文化遺産オンライン

新三十六人歌合画帖

しんさんじゅうろくにんうたあわせがじょう

作品概要

新三十六人歌合画帖

しんさんじゅうろくにんうたあわせがじょう

絵画 / 江戸

狩野永納筆

江戸時代・17世紀

絹本着色

22.4×19.0

1帖

後鳥羽院(ごとばいん)・式子内親王(しょくしないしんのう)にはじまる、平安末~鎌倉初頭の歌人36人を番えた歌合。天福元年(1233)、九条基家(くじょうもといえ)が似絵(にせえ)の名手・藤原信実(ふじわらののぶざね)に歌人の姿を描かせ、隠岐の後鳥羽院へ送ろうとしたとの記録があり、その関連が指摘される。本作は京狩野、永納による作。

新三十六人歌合画帖をもっと見る

狩野永納筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

歌合 / 後鳥羽 / 歌人 / 不同

関連作品

チェックした関連作品の検索